トコトコくるま旅

道の駅利用時のポイントや周辺の観光地の案内のブログです。

冬の車中泊での窓の凍り付きや雪対策グッズの紹介!

スポンサーリンク

冬の車中泊で活躍する凍結解凍グッズ

f:id:gilgamesno1:20190106101120p:plain

 

冬の車中泊で、朝起きたら窓ガラスが凍って大変だった!

雪が積もってしまって車の雪をどけるのに一苦労!

 

そんな手間を少しでも和らげるグッズを集めてみました。

 

 

冬の車中泊って寒いけど、雪国での銀世界を見たり、ウィンタースポーツをしたりとても楽しいですよね。

 

寒さ対策をしっかりすれば、安眠できますし朝まで熟睡なんてことも。

この記事を読んで、快適な車中泊ライフを楽しむ手助けになればと思っています!

 

 

窓ガラスの凍結は晴天の朝におこりやすい 

なぜ晴天の朝なのかというと、昼間太陽の熱が地表にあたり温かくなります。

夜間はその熱を宇宙空間へ放出します。

この時晴天だとさえぎるものがなにもないので、熱は一直線に宇宙空間へ。

そのため晴天の日は冷え込みが強くなり、窓の凍結がおきやすくなります。

 

逆に曇っている時は、雲が壁になって宇宙空間へ熱が逃げるのを防ぎます。

このため曇りの日は温かく、窓が凍結しにくいのです。

 

解氷グッズ3選 

 

 

 

オススメ度NO1

上記の商品は250円を切る価格で非常にお手軽!

-40度でも解凍可能。

窓ガラスにかぎらず鍵穴などにも使えて、再凍結防止剤入り。

キャップもスクレーバーになっていて、コレ一本で真冬の車中泊の朝も安心!

 

  

 

 

 

オススメ度NO2

こちらは、有名なガラコの解氷スプレー!

-40度でも使用OKで解氷と同時に撥水もしてくれる優れもの!

ノンガスタイプで環境にも優しい!

値段はちょっと高めの1500円ほど。

 

 

 

 

オススメ度NO3 

こちらは-35度でも使用OK

解氷と同時に洗浄成分も入っているので、窓ガラスの清掃もできちゃう優れもの!

油膜や融雪剤の汚れなんかも落としてくれます!

 

ただし商品レビューにありますが、再凍結防止剤が入っていないのか、氷が解けてもまた凍ることもしばしばあるようです。

外気温-5度くらいを目安に使うといいかもしれません。

  

他の雪対策グッズ 

窓に雪がかぶっていたらいくらスプレーしても、雪を取り除かなければとけません。

そこで雪かきグッズもご紹介します。

 

 

 

こちらの商品がオススメな理由は2点

洗車用のスポンジが付属していることと、スクレーバーと水切りワイパーが兼用の部分があること。

伸縮機能付がありコンパクトにおさまるので車内に常備しておいてもかさばりません。

 

 

おわりに 

解氷グッズを上手に活用して、真冬の車中泊をたのしくすごしたいですね!

 

そうそう、窓ガラスが凍っているからといって、お湯をかけたりするのは厳禁です。

急激に熱いものをかけたりすると窓ガラスにヒビが入る原因になります。

 

 

www.sasurai-car.com

 

www.sasurai-car.com

 

saigoniwarau.com

 

それではよい旅を!

おしまい