トコトコくるま旅

道の駅利用時のポイントや周辺の観光地の案内のブログです。

中古でキャンピングカーを購入しようと考えている人へ その1

所詮トラックベースのキャンピングカー、普通車より不便であることを覚悟する。

 

f:id:gilgamesno1:20181005094124j:plain

 ↑ こんな格好良くないよ!

 

 

オンボロキャンカーですが、運転席周りをご紹介いたします。

中古で購入を考えている方の参考になればと・・・

 

この車は、平成13年式のトヨタダイナベース、カムロードです。

 

現行車より一世代前のモデルです。

しかし中古車市場では、まだまだ、この先代モデルの方が多いです。

 

実際に、このトラックベースのキャンカーと普通車を比べて、どのくらい不便なのかを記事にしてみました。

 

 

普通車と、同じ感覚だと苦労する点
  • 燃費
  • カーナビ位置
  • シート下エンジンの熱
  • シートの固さ

まずは、この4つの項目順で、みていきます

 

 

燃費は覚悟しておいた方がいい。

 

f:id:gilgamesno1:20181005094324j:plain

燃料は軽油です。

 

しかし、3トンもの車体を引っ張るので、そうとう燃費悪いです。

市街地を多めに走って、ストップ&ゴー繰り返すと、5~6キロくらいです(笑)

 

主に平地で、信号の少ない県道とかですと、6.5~7キロくらいですかね。

8キロまでは、のびません。

 

80リットルのタンクで、400キロから600キロがせいぜいで、走り方でだいぶ変わります。

 

私は基本、40キロから50キロほどの速度で走っています。

 

よくあおられますが(笑)

 

ハイブリット車と比較しようものなら、目ん玉が飛び出ます。

そのくらい悪いです。

アメ車よりはいいか・・・くらいに思っておくと良いかもしれません(笑)

 

 

 

カーナビの位置が悪い。

 

これは、カムロードだけに限った事ですけど、本当に見づらいです。

 

 

f:id:gilgamesno1:20181005103043j:plain

 ↑ カーナビの位置が低すぎて、運転中視線がだいぶ下に下がってしまいます。

 

たぶん、インダッシュのカーナビは想定していないのかもしれません。

 

 

ダッシュボードにあるモニターは、後方確認用のものです。

ここに、オンダッシュのカーナビを、置いてもいいかもしれませんね。

 

そしてバックモニターは、バックミラーに取り付けられるタイプだといいかもしれません。

そうすれば、普通車と運転フィーリングは変わらないですからね。

 

 

シート下のエンジン熱が、夏は厳しい。

 

ボンネットが無いので、シートの真下にエンジンがあります。

夏など、物凄く熱くなります。

 

夏なんてエンジンを止めても、モワッっとくる感じの熱さが、夜まで続きます(笑)

冬だと暖かくて良いかもしれませんが・・・(笑)

 

f:id:gilgamesno1:20181005103800j:plain

 ↑ 申し訳なさ程度に、銀マット敷いてありますが、全く効果無いです。

 

奥様からは熱くて不評になると思いますが、エアコンガンガンかけてごまかしましょう。

夏は気合いで、乗り切るしかありません。

 

 

シートが固くて、長時間乗ると尻が痛くなる。

 

f:id:gilgamesno1:20181005094308j:plain

↑ シートは薄いです。

 

ベンチシートのような感じです。

 

f:id:gilgamesno1:20181005094314j:plain

↑ クッションを敷いてますが、少し改善されます。

この辺も、仕事用の車という事を、感じさせられます。

 

 

付けてよかったもの

 

ちょっと不便かな?と思い、買い足したものをピックアップ。

 

ドリンクホルダー

これナビの真下にあるので、とりずらいし、ナビの画面が見えなくなります。

2個ついてるのですが

 

 

 

f:id:gilgamesno1:20181005094335j:plain

↑ このようになってます。

 

 

f:id:gilgamesno1:20181005094328j:plain

↑ 左の穴に挿した場合は、まだ大丈夫です。

しかし右に挿したら、もうアウト。

全く画面がみえません(笑)

 

 

f:id:gilgamesno1:20181005094316j:plain

↑ そこで買ったのがコレ。

 

f:id:gilgamesno1:20181005094305j:plain

↑ ドアの左右に灰皿がついてるのですが、そこに差すドリンクホルダーです。

 

バンテックから販売されてました。

ちょっとグラつきますが、ナビ下に入れるよりは、断然使いやすいです。

 

 

タイヤ空気圧センサー

f:id:gilgamesno1:20181005113333j:plain

↑ エアモニという商品なのですが、空気圧、外で計らなくていいので助かります。

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

正直、普通車と比べると、燃費悪いし、乗り心地悪いし、スピードでないしで悪いことばっかりが目立つかもしれません。

 

しかし走りに関しては、のんびり道を、後続車に譲りながら乗るものだ。

そう思えば、いいと思います。

 

ひとたび車中泊の目的地にとめれば、そこが家のようになります。

 

その快適さは、1度経験すれば2度と、普通車の車中泊には戻れなくなりますよ(笑)

 

では、今回はこの辺で・・・

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。