トコトコくるま旅

道の駅利用時のポイントや周辺の観光地の案内のブログです。

道の駅で車中泊するときの駐車のポイントとちょっと怖かった話。

道の駅で、車中泊するときの注意点

 

私は2018年8月17日から、毎日車中泊の旅をしています。

幸いにも本当に怖い目にあったことは、まだありません。

 

しかしこれから先も車中泊の旅を続けて行く上で、ずっと安全という保証は何処にもありません。

 

自分自身安全な旅を続けて行くためにも、車中泊する上で気をつけているポイントを記事にしました。

 

記事をご覧になっている方にも、参考になればと思います。

 

  1. 駐車するときに注意していること
  2. 一度だけ、ちょっぴり怖い目にあったこと

 

この2点に絞って説明します。

 

駐車の時注意していること

 

明かりの近くに駐める

まずトイレが近いとか傾斜になってないかを気にするより、第一に明かりの近くに(外灯)駐めるように心がけています。

 

f:id:gilgamesno1:20181108082933j:plain

道の駅は幹線道路に面していることがほとんど。

 

道路に近いと車が通るたびうるさくて、寝れないんじゃないか?

 

それで駐車場の奥に駐めるとします。

 

昼は明るいから感じないけど、夜は本当に真っ暗で、人が近づいてきてもわからないくらいです。

 

外灯の近くに駐めれば、明るくて防犯にもなります。

他の人から見ても車の周りで怪しい行動をしている人物がいれば、発見してもらえます。

 

そんな訳で外灯の近くに駐車しています。

 

ちょっと離れる際にも、必ず鍵はかける 。携帯は手元に置く。

車旅は宿の予約をしないで済みます。

チェックイン、アウトの時間の縛りもないし、自由です。

 

その反面不便なことも沢山あります。

 

その一つがトイレでしょうか。

 

自宅にいればトイレ行くのに、いちいち家の外に行く事ってありませんよね?

(離れにトイレがある住宅はのぞいて)

車中泊だとトイレのたびに外に出なくてはなりません。

 

そこで億劫がらずに、必ず鍵はかけていきます。

f:id:gilgamesno1:20181108082950j:plain

ちょっとの間だし、まぁいっか!っていうのが危険です。

車上荒らしってほんの一瞬のうちに犯行に及ぶらしいので、注意しています。

 

また必ず携帯は、自分の近くに置いて寝るようにしています。

何かあったときに、すぐ連絡できるようにです。

 

ちょっぴり怖かったこと 

 

福島の道の駅、きらら289ってところで車中泊したときの話です。

 

檜枝岐村にちかい道の駅ということ。

道の駅内に温泉もあるということで、車中泊の車で駐車場の2/3は埋まっていました。

 

自分の目の前が大型専用で、トラックが3台。

今時珍しい、ちょっとデコトラっぽいかんじでした。

 

怖い人乗ってるのかなー、なんて。

トラックだけ見た印象はそんな感じ。

 

夜22時くらいかな、寝ようと思って布団に入ったんです。

それからウトウトして・・・

 

布団に入ってどれくらいたっただろう・・・30分くらいかな・・・

 

 

ふと半寝ぼけで気づいたの。

エントランスのドアを開けようとしている音が聞こえるなぁ・・・

 

ガチャガチャって2回くらい。

 

!!

って一瞬思ったけど、周りに沢山車駐まってるし気のせいだべ。

 

そう思って、また寝たの。

 

 

 

しばらくして・・・

 

 

 

何やってんだゴルラアア!

 

今度は完全に寝てたけど、怒鳴り声で起きた。

 

 

お?

f:id:gilgamesno1:20181108083031j:plain

なんじゃ?

 

 

そう思って起きてこっそりカーテンから外を見たの

そしたら、目の前のトラックの運ちゃんが誰かに怒鳴ってた。

 

 

うわあ・・・

ヤバいやつだわ・・・

 

 

 

そう思って寝た(笑)

関わらない方が良いと思ってね。

 

 

朝起きたら、そのトラックの運ちゃん3人がしゃべってた。

なんでも昨日車上荒らしぽいのが、深夜に色々な車を物色してまわっていたみたい。

f:id:gilgamesno1:20181108083107j:plain

それを見かけた運ちゃんが、怒鳴ってたというわけ。

 

それ聞いてゾーッとなったね。

 

昨日ドア開けようとしたのは、ソイツだったんか!

 

 

鍵かけておいて良かった。

 

 

 

運ちゃんの見た目、ヤクザぽいからすぐ逃げてったんだろう。

あの時の運ちゃん、ありがとう!

 

旅して3ヶ月で怖かったのは、この一回だけ。

この先も安全な旅を続けれればいいな。

 

 

以上です

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

www.sasurai-car.com