トコトコくるま旅

道の駅利用時のポイントや周辺の観光地の案内のブログです。

津軽海峡フェリーで、大間から函館へフェリーで行く

津軽海峡フェリー乗船まで

f:id:gilgamesno1:20181025162742j:plain

 

北海道へ行くために、私が選んだ航路は、大間から函館までの津軽海峡フェリー。

 

何故この航路を選んだのか?

青森から北海道へフェリーで、渡るには3つの航路があります。

1つは青森港から出ている航路と、もう1つは大間からの航路。

最後は、八戸から出ているフェリーです。

 

青森観光したいと思っていたので、八戸からの乗船は除外しました。

 

フェリー会社は、津軽海峡フェリーと青函フェリーの2社。

若干料金は青函フェリーが安い。今回同じ条件で、比較したら300円安かった。

 

ネット予約ができるのは、津軽フェリー。

電話予約のみが青函フェリーとなります。

どちらも予約すれば、10%オフになります。

 

ただし津軽フェリーは、クレジットで先払いじゃないと、10%オフは適用されません。

クレジットが使いたくなければ、青函フェリーが良いと思います。

 

私が選んだのは、津軽フェリーで、大間からの出航。

 

 

津軽フェリーにした理由は、ネットで先に予約しちゃっから。

2社を比較したのは、予約後だったからです(笑)

 

何故大間にしたのかというと・・・

下北半島を、観光してみたかったからです。

場所としては、尻屋崎(寒立馬)、恐山、仏ヶ浦などなど割とあるのです。

 

sasurai.sasurai-car.com

 

しかしこの下北半島・・・

道は山道が多く険しいところもあって、一周するのは大変です。

尻屋崎と仏ヶ浦だと100キロ以上離れています。

 

下北半島に興味がなければ、青森からの航路をオススメします。

いくら大間からの航路が安いといっても、大間まで遠いですし、ガソリン代と時間を差し引いたら、トントンになります。

 

 青森から大間までは、約150キロもあります。

 

 

乗船するにあたって

 

津軽海峡フェリーは、ネット予約していたのでスムーズでした。

メールにQRコードが送られてくるので、機械にコードをかざすだけ。

 

f:id:gilgamesno1:20181026165435j:plain

↑ コレです

 

すると券がでてきますので、受け取ってください。

f:id:gilgamesno1:20181026165450j:plain

予約しておくと、車検証とか用意しなくていいので便利です! 

 

 出港30分前になると車を、フェリーに乗せられます。

ドライバーの方だけ車で待機。同乗者はフェリーターミナルからの乗船になります。

 

スタンダードの船室

 

いっちばん安いスタンダードにしました。

f:id:gilgamesno1:20181026165727j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165724j:plain

船室はこんな感じ。

枕もあるので寝ている人も結構いました。

っていうより、みんな寝てたかな(笑)

 

テレビもあります。

f:id:gilgamesno1:20181026165743j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165737j:plain

デッキにも出れます。

しかし海の上は寒いので、上着を忘れないでください。

 

大間からなら、1時間30分で到着です。

 

青森からだと3時間30分ほどかかります。