トコトコくるま旅

道の駅利用時のポイントや周辺の観光地の案内のブログです。

半年で3回JAF呼んだら3回とも同じ人が来た話

3回目呼んでも、JAFの人は優しかった。

 

旅に出る前、自分が住んでいたのは東北の岩手県。

冬は本州で一番寒いんじゃないかな。

 

岩手の一番寒いとこだと-20度くらいになる。

そんなとこ。

 

f:id:gilgamesno1:20181109080136j:plain

俺は生まれも育ちも岩手じゃないし、転勤で岩手に来たから、雪道の運転にもなれてなかったのね。

 

その頃幸いにも職場は、自宅から歩いて行ける距離だったの。

 

f:id:gilgamesno1:20181109080139j:plain

そんな訳で車は必要なければ、ほとんど運転しなかったんだ。 

 

その年の冬も路面がつるつるになって、あんまり運転したくないなぁと・・・

1月から3月まで、たまーにエンジンかけるだけだったんだ。

 

北国の人は、もうわかると思うけど・・・

 

4月ころ雪なくなって、遊び行くぞーって思ったらエンジンかからないというお約束。

そう、バッテリー切れ。

 

f:id:gilgamesno1:20181109080142j:plain

それでJAF呼んだんだ。

一回目だから普通の対応で、作業終了後にバッテリー交換した方がいいよって言われて終わった。

 

一応イエローハットだかにその日のうちに行って、バッテリー見てもらったらさ、まだ大丈夫だけどどうする?って言われた。

 

f:id:gilgamesno1:20181109080145j:plain

そう言われたら、もう少し様子見てみるかって思うよね。

 

その一週間後かな、スーパーに買い物行って、さあ帰ろうと思ったらまたエンジンかからないの・・・

またバッテリー切れ・・・

f:id:gilgamesno1:20181109080118j:plain

 

マジかーと思ってJAFに電話したら、また同じ人が来て作業してくれた。

その人は相変わらず、明るくて優しい対応だった。

申し訳ないと思いつつ、必ずバッテリーは交換しようと心に誓った。

 

そしてその日の内に、バッテリーは新しいのに取り替えた。

 

それからしばらくは何もトラブルはなく順調。

5月くらいにノーマルタイヤに交換したんだ。

 

この時の車が、今も乗ってるキャンピングカーなんだけど、初めてのタイヤ交換だったんだ。

 

それまで乗ってたのは普通車で、タイヤ交換したら増し締めってあまりしなくても大丈夫だったのよね。

 

でもキャンピングカーって車重が重いから、ボルトが緩みやすいの。

タイヤ交換後は、特に増し締めしないと緩みやすくて、だめなんだって。

 

その時はそこまで重要だって知らなかったのよね。

だから大丈夫だろうと思って、増し締めなんてやらなかったんだ。

 

で、交換後しばらくして休みの日に、青森でも旅行いくかー!って張り切っていったんだわ。

 

仕事終わって、風呂入ったりして夜出発したの。

 

国道4号走ってたんだけど、なんか後ろから異音がするんだよね・・・

コトコト・・・ってさ

 

f:id:gilgamesno1:20181109080121j:plain

多分タイヤに石でもはさまったんかな?

 

くらいに思ってた。

 

それから段々音が大きくなってきているような気がしたんだけども・・・←この時点でおかしいと思わなかったバカ。

 

まぁ大丈夫やろ。

そう思って走ってたら、急に音がしなくなったんだ。

 

 

ホッ!

 

やっと石はずれたか。

そう思ってた・・・

f:id:gilgamesno1:20181109080126j:plain


 

 

その直後。

 

 

ガタン!!!

 

いきなり車体が左に傾いた!

 

なんじゃああああ??

 

 

コロコロコロコロ・・・・

 

ミラー越しに左後ろのタイヤが、田んぼにむかって転がっていったのが見えた・・・

f:id:gilgamesno1:20181109080129j:plain


 

マジか! やばいべ!?

 

 

ガリガリガリガリッ

 

 

タイヤないから、シャフトがアスファルトにすれて、めちゃくちゃ火花でてた!!

 

それもミラー越しに見てたんだけど、あの時は・・・ほんと終わった!

 

f:id:gilgamesno1:20181109082551j:plain

そう思ったね。

 

幸い40キロくらいで走ってたから、横転しないでなんとか止まってくれた。

 

更にトラックもその時は一台も通ってなかったんだ。

 

片側一車線の道だったから、対向車とか後続車きてたらヤバかったね。

 

まぁ、なんとか止まったんで、JAFでもよぼうと電話したの。

 

その時で12時くらかな、夜中の。

40分くらい待ってたらJAFの人が来たんだけど、会ってみてびっくり!

 

またあの時の人か!

 

夜中だったけど、いつもの明るい対応で接してくれた。

f:id:gilgamesno1:20181109082606j:plain

向こうも3回会うのは、珍しいッス!って言って笑ってた。

しかも短期間で(笑)

 

夜中の国道で、一人で待ってたときは心細かったけど、その人と話してたらものすごくホッとした。 

 

そして作業が長引きそうだから、車内で待っててくれっていわれた。

 

まだ5月ころだったから、夜は結構寒かった。

悪いなと思って車内で待ってたら・・・

 

 

外から、怖ぇー怖ぇーっていう声が聞こえてくるんだよね。

 

 

国道4号って深夜はトラックが、ものすごいスピードだすんだわ。

俺の車の横を猛スピードで走って行くわけ。

 

怖えーっていう声は、作業に来てくれたJAFの人の声。

 

そりゃ、怖いよね。

 

一車線ふさいで、俺の車の下に潜って作業してるから、トラックがもし突っ込んできたら終わりだもんね。

 

心のなかでJAFの人ごめんね。

なんか悪いことしちゃったなぁって猛反省したね。

 

無事作業終わって、俺の車はレッカーして、俺自身はJAFの車に乗って2人で帰ることに・・・

 

JAFの人が車の中で、作業中怖かったって笑いながら言ってた。

 

申し訳ないなーって思ってると

 

俺も最近キャンピングカー買ったんすよ!

 

なんて話をふってきてくれた。

 

それから2人とも車内で、キャンピングカーの話で盛り上がって帰ってきた。

 

なんでも奥さんと、小さいお子さんが2人いるらしい。

家族で出かけられるようにと買ったんだって。

 

その時思ったの・・・

 

万が一、万が一作業中何かあったら大変な事になってたなって・・・

俺は一人者だからいいけど、この人は違う。

 

そう思ったらさ、自分の不注意でとんでもないことになってたかもなぁなんて。

 

本当は怖かったのに、いつもニコニコしてくれてさ。

いくら仕事とはいえ、頭があがりませんよ・・・

 

それからだね、増し締めは絶対にするようになったのは。

 

あの時のJAFの人ありがとう!

4回目呼ばなくてもいいように、注意するからね!

 

f:id:gilgamesno1:20181109080132j:plain

 

まぁ、そんな話。

以上、ふと思い出して記事にしてみました。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

www.sasurai-car.com